9月28日は我が家の王子
ラグドールのマオくんの10才の誕生日です。
マオくんは、お客さん大好きな
社交的なてんびん座の男の子です。

10年前マオくんは、藤沢市にあるラグドール専門キャッテリーで
3にゃんきょうだいで産まれました。
(ボブくんとミルクちゃん、元気かな。。。)
そして2か月後の2009年11月22日、
遠路はるばる飛行機に乗って、我が家にやって来てくれました。

大分空港で貨物の受け取りの際ケージの中のマオくんと目が合ったときの
「どうしてぼくはこんな狭いかごに入れられて、
こんな田舎につれてこられたの?」
とでも言いたげなクールな目つきは今も忘れられません。

こちらはハロウインコスプレのマオくです。男前♡

こちらはへそ天マオくん。
ラグドールはけっこう仰向けで寝ます。

あれから月日は流れて、早10年。いろんなことがありました。
2才を前に原因不明の腸管の腫れによるゲリ。
結局腸を10センチも切除するという大手術をしました。
動物病院の先生からは「記憶に残る手術です」と言われました。

4才のとき若年性の腎不全になりました。
腎臓は一度壊れたら二度と回復しないんですね。
どれだけ腎臓の機能が残っているか
そして残された機能がどれだけ頑張ってくれるかが問題になります。
腎臓機能が低下すると毒素が排出されず体内に残ってしまいます。
ですから、補液をして強制的に水分を入れて尿を排出させなくてはいけないのです。
毎日毎日200ccの補液をして本当に不憫でした。
いつまでこんな思いをさせないといけないのだろうと。

転機が訪れたのは、とあるペットセミナーで獣医師さんを紹介されたときでした。
往復4時間の道のり、毎月福岡市まで通院しました。
先週がちょうど50回目の通院。
おかげで今は補液をやめることができて
健常な猫さんと変わらない生活を送っています。
残っている腎臓の機能が頑張って働いてくれているようになったのです。

猫は7才からシニアと言われています。
これからは普通にしていても老化は進み機能は落ちていきます。
いかに穏やかに余生を過ごしてもらうか。
少なくとも今まで一緒に過ごした時間より長くはいれません。
残された時間、大切にしていきたいと思います。

今年のアニマル保険会社からのバースディカードです。
今までと違ってとてもシンプルです。

今週末からいよいよラグビーワールドカップが始まりますね。

何か人の役に立つことができないかなと
ボランティアスタッフになるために
約2年前から各種イベントに参加してきました。
入院中も外出許可をもらって参加。
これに参加しないとボランティア登録を取り消されてしまうのです。
そして昨日遂にスタッフユニフォームをいただくことができました。

この立派なリュック
気になる中身はこちら。
ジャケットと長袖と半袖のポロシャツ
パンツはこちら。
そして帽子とウオーターボトル

これを着てワールドカップ当日は来県者のかたがたの
お世話をさせていただきます。

指原莉乃さん、お見えになるそうですが、
大分の生んだあのスターもいらっしゃるそうですよ。

昨年の9月8日(土)人生初の救急車搬送
そして初の入院生活を経験しました。

あまり記憶はないのですが、夜中の2時過ぎだったと思います。
アルメイダは受け入れ不可、県病に受け入れてもらうことになりました。
それからは検査、検査で最終的に病棟に行ったのは3時間後の5時過ぎ。
検査疲れと両手の痛みが酷くて。。。
この時はこれから1週間絶対安静、
身動きが取れないことになるとは夢にも思っていませんでした。
転倒で頸椎を損傷してしまって、両手が全く使えなくなってしまったのです。
握力0、常に手が痺れているうえに激痛。
徐々に痛みは落ち着いてくるからと言われましたが、
尋常でない痛さなんです。手も洗えない状況。
私はもともと痛みには強いほうなのですが、
今回ばかりはどうしても我慢できず
打っていただきました、モルヒネ。
常習性があるのでほんの数回だけでしたけど。

それにしても、今までできていたことができなくなるって、ストレスですね。
ごはんを食べるのも歯磨きも看護師さんにやっていただいて。
ありがたいやら申し訳ないやらで。
10日ぶりに自分で食べられたときは嬉しかったです。

県病に3週間、 リハビリで三愛メディカルセンターに3週間の
計6週間の入院生活でしたが、
退院したときはすっかり季節が変わっていて
秋も深くなっていました。
何とも不思議な時間を過ごさせていただいたなあと、
感慨深いものがありました。

人の噂とは面白いもので、
私は「自宅で転倒した」と言っただけなのですが、
「階段から落ちた」ということになっていました。
うちは平屋なので階段はないのです。
あと「自殺未遂かと思った」と言った人もいました。
これには結構衝撃を受けましたね。
どうしてそういった発想になるのかな~と。
確かに当時は、職責を果たせていないことに自責の念にかられていましたが、
そんなこと思ったこともなかったので。
人の気持ちはわかりませんね。

その日のホロスコープを見ると事故を予見するようなことが表れていました。
ネイタルの月にトランジットの火星がコンジャクション。
月は情感を表し、火星は突然のアクシデントを表します。
悩んでいた心(月)に転倒事故(火星)
というのがなんとも象徴的だな思ってしまいました。
(必ずしもいつも火星がアクシデントを起こすわけではありません。)

間もなく事故から1年経とうとしています。
まだ指の痺れは残っていますし、
きっとこれは完治はないのだろうなとも思っています。
でも、この事故のおかげで自分だけのまとまった時間をとることができて、
これからの身の振り方を考えることができました。
2020年12月から時代は確実に大きく変化していきます。
その波に乗り遅れないように
日々努力をしていかないといけないなと改めて思います。

天王星がおうし座にやって来てもうすぐ半年になります。
天王星は変革をもたらす星。
おうし座の安定したい、維持していきたいというものを
約7年の時間をかけて刷新していきます。
必要なものは残し、不要なものはなくしていく、
まさに断捨離ですね。
断捨離は物だけではなく、人間関係も同様です。

例えば、信頼をしていたひとから、
自分の本意とは異なる理解をされていたことに気が付いた時、
信頼をよせていただけに
もしかしたら、 自分自身を全否定された気持ちになるかもしれません。
決してそうではないのですが。。。

そんな時思い出してほしいのは、
そのひとの評価があなたの価値を決めるのではないということ。
確かに、そんなことがあった直後は混乱して、
誤解を解きたい、真意を伝えたいと思うかもしれません。

でもそうすることって、実はあまり意味のないことなんですよね。
そもそもひとの気持ちなんてわからないし、
ましてや変えることはできません。
変えることができるのは自分の気持ちの持ちようだけ。

自分はこう考えるけど、あなたはそうなのねと相手を認め、
そしてここ大事、
自分はこうなのよと自分も認めてあげること。

自分を認めることのできない人間関係は、解消してしまっていいものです。
もしかするとそれがなにかとても寂しく感じるかもしれません。
孤独に苛まされるかもしれません。
でもそれは自然なことなんです。

どんなに楽しい時間を共有したひとでも、
自分の世界とは違っていたんだと認めることにより。
自分にとって本当に必要なものが残っていくのです。
画像は海王星です。
海王星は凶星と言われていますが
私はこの吸い込まれそうな青が好きなんです。
地球の青とは何か違いますよね。

日々の喧騒も宇宙を考えると本当にどうでもいいことなんだなあと
妙に悟ってしまう今日この頃です。

 

アップするのが随分遅くなりましたが。
先月16日に発売されたルナソルのアイシャドウです。
発色が綺麗でしかも長時間持続するというルナソルのアイシャドウですが、今回はまたカラーバリエーションが豊富です。

モデルさんが使用しているこれ
神秘的な空の色をイメージしたそうで、その名は「Twilight Sky」
ぴったりなネーミングですね。
カラーメイクがお好きなオータムさんにピッタリなお色です。

私のお気に入りは、こちら
「Moon Tears」ネーミングも素敵。
捨て色なしでどのお色も使えそうですね。
パープルは特にお気に入りです。
サマーさんはもちろん似合いますが、黄色みの強くない明るいお色がお似合いになるスプリングさんもいけますよ。
こちらは限定ですのでお早めに。